上場祝いに何を送ろうか迷っているならば、絶対に胡蝶蘭がおすすめです。
お花を贈るがの一般的なお祝いの送り方ですが、数ある花の中でも最上級のクオリティと高級感を誇る胡蝶蘭ならば、御取引先に届く花の中でもひときわ見栄えがしますので、事務所開き当初は、あなたの会社の名前をよく見てもらえるようになりますし、そのままオフィスに飾り続けてもらいやすいので、たくさんの社員のだれもが目にするようになります。
また手入れを続けると毎年のようにはなを咲かせてくれるわけですから、取引先に取ってはもらって嫌な気分になるわけがありません。
また胡蝶蘭の手入れの方法も実はそれほど難しいものではなくて基本的に水入れを定期的に続けていれば長続きしますので、そういった手入れの仕方や管理方法などについても一筆添えてあげると、取引先からさらに喜ばれること間違いなし他の方とも差別化できるかと思います。また昔の胡蝶蘭の市場は、目が飛び出るほど高かったのですが、現在ではだいぶ値段が下がってきており、事務所開きのお祝いくらいならば気にせず出せるくらいの価格帯に落ち着いてきています。
ほかにも、事務所開きのお祝いといえば時計なんかを送るのもはやりの方法で、確かに毎日のように目にするもので、ちょっと数が多くても嫌な気分がするものではありませんから、胡蝶蘭を送らないならば時計を送るのおすすめになります。 最後にタイミングに関しては、新事務所が正式に稼働する日に合わせて送るようにしてあげるのがベストのタイミングになります。
まずはしっかりとお祝いの気持ちが伝わるようしっかりお花を選定し、信頼あるお花やさんへ依頼しましょう。いくら綺麗なお花でも配送会社の対応が悪ければ全てが台無しとなります。

胡蝶蘭ギフトを贈る

上場祝いの胡蝶蘭